新型BMW i3とペーター・クロンシュナーブル代表取締役社長

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は、一回の充電で航続距離390kmを実現した100%電気自動車(EV)「BMW i3(アイ・スリー)」の新型1月15日に発売すると発表した。価格は538万円の見込みだという。

新型の「BMW i3」は、33kWhの大容量リチウムイオンバッテリを搭載。電気モーターによる後輪駆動式で、最高出力125kW/170ps、最大トルク250Nmで、時速100kmまで約7.3秒で加速する。

また、運転手や車、それらを取り巻く周辺環境をITネットワークでつなぐ総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」で、運転手をサポート。緊急時に車両の通信機能でコールセンターに接続する「BMW SOSコール」や、車両の状態を自動的に精器ディーラーへ通知する「BMW テレサービス」、スマートフォンのアプリで遠隔操作や充電状況の確認ができる「BMW i リモート・サービス」が搭載されている。

アプリでは走行開始時間にあわせて充電を開始させたり、乗車前に空調のスイッチを入れたりできるなど、家電と同じく車でもIoT化進んでいる。17年10月にはヤマダ電機が参入するなど、日本でも盛り上がりつつあるEV事業。BMWのペーター・クロンシュナーブル代表取締役社長は「電動化に注力するのは、環境や社会の持続可能性が求められているから」とコメントした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます