ソニー、コンパクトデジタルカメラ「RX100 II」、暗所での画質が向上、Wi-FiやNFCにも対応

2013.6.27 20:43配信
RX100 II(マークツー)

ソニーは、世界初の1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサを搭載し、夜景など暗所での画質が向上したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット RX100 II(DSC-RX100M2)」を7月5日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万5000円前後の見込み。

一般的なコンパクトカメラが採用している1/2.3型撮像素子の約4倍の面積をもつ新開発の1.0型(13.2×8.8mm)、有効約2020万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサ「Exmor R(エクスモアアール)」を搭載。センササイズの大型化とともに、新たに裏面照射型構造を採用したことで、入射光を増やすことができ、2012年6月発売の従来機「RX100」に比べて約40%の高感度を実現した。さらに、すぐれた描写性能と美しいボケ味を両立する大口径F1.8カールツァイス“バリオ・ゾナーT*(ティースター)”レンズに最適化した画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」と組み合わせて、高速・高精度の処理、ISO160から最高12800までの高感度撮影ができる。動画撮影にも対応し、従来のAVCHD Ver. 2.0準拠1920x1080/60p、60iに加え、新たに1920x1080/24pモードのフルハイビジョン動画も撮影できる。

ポケットに収まるコンパクトボディに、新たに3.0型の可動式チルト液晶モニタ、別売の電子ビューファインダーや外部フラッシュ、ステレオマイクなどのカメラ用システムアクセサリを装着する「マルチインターフェースシュー」を搭載。マニュアル操作ができるコントロールリングも備える。可動式チルト液晶モニタは、ボディ上方向に約84°、下方向に約45°までチルトし、さまざまな位置から快適に撮影できる。

スマートフォンやタブレット端末などと簡単に連携できるWi-Fi(無線LAN)機能に加え、ソニーのデジタルカメラとして初めてNFC(近距離無線通信)を搭載。ワンタッチで簡単にスマートフォンなどと接続し、Wi-Fi経由でカメラ内の画像を転送するワンタッチシェアリングや、撮影時にAndroid 4.0以上を搭載したスマートフォン・タブレット端末からカメラを遠隔操作できる「スマートリモコン」をワンタッチで起動するワンタッチリモートに対応する。

記録媒体はメモリースティック デュオ/PRO デュオ/PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、SDXC/SDHC/SDメモリカード。サイズは幅101.6×高さ58.1×奥行き38.3mmで、重さはバッテリ・メモリカード込みで約281g。カラーはブラック。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング