最新CGで“レトロ・ゲーム”を描く苦労とは? 『シュガー・ラッシュ』特別映像公開

2013.6.28 17:34配信
『シュガー・ラッシュ』2013 (C)Disney. Licensed characters used with permission. Zangief and Vega (C)CAPCOM U.S.

春に日本公開され大ヒットを記録したディズニーのアニメーション映画『シュガー・ラッシュ』のブルーレイ&DVDが7月17日(水)に発売になる前に、スタッフたちが本作の映像について語る貴重な特別映像が公開された。最新のCG技術を駆使して昔なつかしい“8ビット・ゲーム”の世界を描き出す苦労とこだわりが紹介されている。

『シュガー・ラッシュ』特別映像

本作は、ゲームの世界の裏側を舞台に、ヒーローになれないアクションゲームの悪役・ラルフが、レース・ゲーム“シュガー・ラッシュ”に迷い込み、レーサーになれない少女・ヴァネロペに出会い、共に奮闘する姿が描かれた物語で、年代も個性も様々なゲームの世界観が、見事に融合された作品だ。

本作の主人公ラルフは、80年代の人気アクションゲーム“フィックス・イット・フェリックス”の悪役で、彼が暮らす世界の住人(キャラクター)は見た目こそ最先端のCGで描かれているが、動きはゲーム黎明期を思わせるカクカクとした動きで、背景や小道具もシンプルに描かれている。このほど公開された映像はリッチ・ムーア監督、アニメーション監修のレナート・ドス・アンホスらが“いかにしてスクリーンに8ビットの世界を描き出したのか?”についてじっくりと語っている。現在のゲームは動きも滑らかで、どんな動きも可能だが、アンホスは本作を手がける際には「最先端の技術や長年のやり方を忘れる必要があった」と語る。劇中に登場する“8ビット世界”のキャラの動きは、直線的&シンプルで、斜めに動くことや首を曲げることも禁じられた。ルック&ライティング監督のアドルフ・ルジンスキーは「(シンプルさの)さじ加減の見極めに苦労した。悩みながらディティールや濃淡を省いていった」と振り返る。

もちろん、この演出は単なる“省略”ではなく、熟練のスタッフたちの“挑戦”によって達成したものだ。完成した映画に登場するキャラクターたちは限られた動きだけで感情を見事に表現し、観客を一瞬にして“8ビット”の引き込む役割を果たしている。本作は他にも細部に渡ってスタッフの“徹底したこだわり”が貫かれており、繰り返し楽しめるブルーレイ&DVDで本作をより深く楽しめるのではないだろうか。

『シュガー・ラッシュ』
7月17日(水)発売
『シュガー・ラッシュ 3Dスーパー・セット(3枚組/デジタルコピー付き)』ブルーレイ/6090円(税込)
『シュガー・ラッシュ ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー付き)』ブルーレイ/3990円(税込)
『シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット』/3990円(税込)
同日配信開始
『シュガー・ラッシュ』オンデマンド
8月21日(水)発売
『シュガー・ラッシュ』DVD/3360円(税込)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング