「HT-S200F」のクリームホワイト

ソニーは、サウンドバーの新製品として、サブウーファーを内蔵した2.1ch構成の「HT-S200F」を1月27日に、「HT-S100F」を2月17日に発売する。価格はともにオープンで、税別の実勢価格は「HT-S200F」が2万8000円前後、「HT-S100F」が2万3000円前後の見込み。

「HT-S200F」は、本体にサブウーファーを内蔵した2.1ch構成で、両端に低音を増強するバスレフポートを設け、コンパクトながらパワフルで深みのある低音を再生する。カラーは、インテリアになじみやすい落ち着いた色調のチャコールブラックとクリームホワイトの2色。

「HT-S100F」は、サブウーファーを搭載しない2.0ch構成だが、2ウェイスピーカーシステムで高精細なサウンドを実現した。カラーはブラック。

2機種とも、テレビの前の限られたスペースに設置できるサイズ感を追求。ドラマや映画、ニュース視聴時に、全体の音量を上げることなく、人の声だけ聞き取りやすくする「ボイスモード」を搭載する。また、Bluetoothに対応し、スマートフォンなどと接続してBluetoothスピーカーとしても使える。

テレビと別売のHDMIケーブル1本で接続できるARC対応のHDMI端子を備え、テレビのリモコンから本体の連動操作が可能なHDMI機器制御(CEC)にも対応している。例えば、テレビの電源をオンにすると自動的にサウンドバーの電源もオンになり、テレビの音量を上げればサウンドバーの音量も連動して上がる。

本体背面にはIRリピーターを搭載しており、テレビ用の赤外線(IR)リモコン信号を受信して背面からテレビに送信するため、サウンドバーでテレビのリモコン受光部が隠れてもリモコン操作には支障がない。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます