東芝、熱風2段オーブンレンジ「石窯ドーム ER-LD330」、油を使わない揚げ物調理

2013.6.28 23:28配信

東芝ホームアプライアンスは、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、「石窯ドーム ER-LD330」(総庫内容量30L)を8月中旬に発売する。カラーは、グランホワイト、グランレッドの2色。価格はオープンで、実勢価格は8万5000円前後の見込み。

庫内に熱風がすばやく循環する「石窯ドーム構造」を採用。300C°のオーブン加熱と庫内壁面の遠赤コーティングによって、全面から発生する遠赤外線で調理する。角皿の縁のスリットを抜けた熱風による熱対流で、ピザなら一度に2枚、バターロールやクッキーなどの食品もたくさんの量を一度にまとめて上下2段で同時に調理できる。

オーブンと300C°の過熱水蒸気を組み合わせることで、鶏のから揚げや春巻きなどを油を使わずに調理するノンオイルフライ調理に対応。焼網を使用するので脂が下に落ち、ヘルシーに仕上がる。また、少量の油で調理するローカロリーフライ調理で、えびフライやトンカツなどもつくることができる。

調理後のお手入れは、スチームで汚れを浮かす「手間なしお手入れ」オート機能と、庫内(扉部と底面を除く)と角皿に微細な粒子のセラミックコーティングを施す「とれちゃうコート」によって、庫内についた調味料や油脂汚れなどを簡単に拭き取るだけ。角皿もセラミックコーティングで、オーブンシートなしでも食材がこびりつきにくく、汚れも落としやすい。

付属料理集のメニューは、従来機種「ER-KD320」に23メニューを追加した229メニュー。オーブン購入目的の上位に入るパン、スイーツ調理を重視し、パン47メニュー、スイーツ65メニューを掲載する。忙しい朝などに短時間でもう一品をつくることができる3分、5分、8分の「スピードメニュー」は33メニュー(6メニュー追加)や、蒸し物、煮物などを含むお総菜は117メニューを揃える。

レンジ機能は、食品の表面温度をスイングする赤外線センサが検知して温める。スイングすることで庫内を広く検知し、2品同時の温めに対応。温め温度を-10C°から90C°まで5°C刻みで設定できるので、食材に応じた温めができ、湯せんの代用としても利用できる。

設置は、上面の間隔を10cm空けて、背面を壁にピッタリつけて置くことができる。左右の間隔は、左右を各2cm空けるか、あるいは左を壁につけて右を4cm空けるかを洗濯できる。庫内サイズは幅398×高さ232×奥行き330mm、本体サイズは幅500×高さ388×奥行き450mmで、重さは18kg。

このほか、オーブン1段調理の「石窯ドーム ER-LD10」(総庫内容量30L)と、総庫内容量26Lでワイドフラット構造の「石窯ドーム ER-LD8」を7月中旬に、「石窯ドーム ER-LD7」を9月上旬に発売する。

「ER-LD10」は、サイズが幅500×高さ388×奥行き416mmで、重さは17kg。実勢価格は6万5000円前後の見込み。

「ER-LD8」は、サイズが幅480×高さ346×奥行き400mmで、重さは14kg。実勢価格は5万3000円前後の見込み。

「ER-LD7」は、過熱水蒸気機能を搭載しないモデル。サイズは幅480×高さ348×奥行き400mmで、重さは13kg。カラーは、グランホワイト、ブラックの2色。実勢価格は4万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング