シャープ、液晶テレビ「AQUOS DRシリーズ」2機種、BDドライブと500GBのHDDを搭載

2013.6.28 23:53配信
LC-40DR9(上)とLC-32DR9

シャープは、地上・BS・110°CSデジタル放送に対応する液晶テレビの新製品として、BD(ブルーレイディスク)ドライブと500GBのHDDを搭載した「AQUOS DRシリーズ」で、40インチの「LC-40DR9」と32インチの「LC-32DR9」を7月26日に発売する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。価格はオープンで、実勢価格は「LC-40DR9」が16万円前後、「LC-32DR9」が13万円前後の見込み。

デジタル放送の録画に対応する500GBのHDDを搭載し、最長で約524時間の録画ができる。BDドライブはディスクを挿入すると自動的に再生を開始する「一発再生」に対応し、映画などを簡単に楽しめる。BDドライブは、ディスクの出し入れが簡単な前面トレイ方式。

録画した番組から、残しておきたい番組だけを選んでBDにダビングすることができ、ドラマなどを1枚のディスクにまとめたいときに便利な画質変換ダビングに対応する。

録画した番組を再生中に、画面下に約5分または約2分30秒間隔で録画した番組のシーンを子画面で一覧表示する「見どころ」ボタンをリモコンに搭載。長時間の録画番組の視聴時に見たいシーンを簡単に探すことができる。

このほか、録画番組のリストをワンタッチ表示して、簡単にディスクへダビングできる「ダビング」ボタンや、番組の視聴を一時的に中断する際に、中断から1時間分の放送を一時記録する「ちょっと待って」ボタンを備える。

デジタルチューナーを2基搭載し、番組視聴中の裏番組録画に対応。別売の外付けHDDを接続すれば、内蔵HDDへの録画中に別の番組を外付けHDDへ録画する2番組同時録画もできる。スタンドは画面と一体化し、画面を3°傾斜することで、省スペース設置と視聴のしやすさを両立した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング