チョ・インソン&キム・ボム登場! 『その冬、風が吹く』イベント開催

2013.7.1 19:10配信
公開記者会見を行ったチョ・インソンとキム・ボム 撮影:門 宏 公開記者会見を行ったチョ・インソンとキム・ボム 撮影:門 宏

韓流スターのチョ・インソンが8年ぶりにドラマ復帰を果たした『その冬、風が吹く』の日本地上波放送&DVDリリース記念イベントが6月29日、東京・渋谷公会堂で開催され、チョ・インソンとキム・ボムが登場。イベント冒頭に公開記者会見が行われ、ステージに現れたふたりを1800人の観客が大歓声で迎えた。

チョ・インソンとキム・ボムの会見の写真

日本のドラマ『愛なんていらねえよ、夏』を原作にした同作は、人気韓国ドラマ『パダムパダム~彼と彼女の心拍音』の脚本家ノ・ヒギョンとキム・ギュテ監督が再びタッグを組んだ作品。詐欺師オ・ス(チョ・インソン)が、盲目のヒロイン、オ・ヨン(ソン・ヘギョ)を騙すために近づくが、次第に心を通わせていく正統派ラブストーリー。8年ぶりのドラマ出演にチョ・インソンは、「素晴らしい俳優と、スタッフとご一緒できるので、出演を断る理由が全くありませんでした」と復帰作に選んだ経緯を話した。監督から直接電話をもらい出演を即決したというキム・ボムは、オ・スの弟分パク・ジンソンを演じる。

韓国で最高視聴率15.8%を記録し“第2の冬ソナ”とも評されている本作は、心に響く美しいセリフと絵画のような美しい映像が魅力。涙のシーンも多くあり、「インソン兄さんを見ていると自然に感情移入することができた」と言うキム・ボムにインソンは、「実際にボム君とはプライベートでも兄弟のような間柄。ドラマの中でも全く違和感がなく、そのおかげで美しい涙のシーンが出来上がったんだと思います」と語った。また、キム・ボムは「自分のシーンだけでなく他の方の出演シーンが楽しみで、放送は欠かさず観ていました」と自身も作品のファンだったことを明かした。

お互いの役柄については、「実際のボム君もジンソンと同じような面を持っていて、先輩やお兄さんを慕ってくれるんです。でも、ボム君はジンソンよりも落ち着いているので、テンションが高い役は大変だったんじゃないかな」とインソンはボムに笑顔を送る。一方ボムは、「僕は昔からインソン兄さんに憧れていたので、ジンソンの気持ちをすぐに理解できました。僕にとってオ・スは100%インソン兄さんです。女性に詐欺を働く、という点以外ですけどね」と言って会場を沸かせた。仲良く話すふたりのやりとりが微笑ましく、会見は終始笑顔に包まれていた。

『その冬、風が吹く』は、8月28日(水)よりTBS「韓流セレクト」(月~金曜午前10時5分~11時)で地上波初放送。DVDは9月18日(水)にBOX1、10月2日(水)にBOX2がリリースされる。

取材・文:門 宏

いま人気の動画

     

人気記事ランキング