キヤノン、デジタル一眼レフ「EOS 70D」のテレビCMに妻夫木聡さんを起用

2013.7.3 11:41配信
「EOS 70D」コミュニケーションパートナーの妻夫木聡さん

キヤノンは、ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」を8月29日に発売する。7月2日に開催した発表会では、コミュニケーションパートナーを務める俳優の妻夫木聡さんが写真の楽しさや奥深さを語った。

妻夫木さんは、昨年9月に発売した同社初のミラーレス一眼「EOS M」のコミュニケーションパートナーを務めた。今回、ミラーレス一眼からデジタル一眼レフにステップアップし、プロモーション活動を行う。

妻夫木さんは「『EOS M』のコミュニケーションパートナーに起用していただいたことで、写真の楽しさや奥深さを知りました。役づくりのために一人旅に出ることもあって、違う人間を演じたり、役になりきるために僕のなかに演じる人物の心のアルバムをつくっていかないといけない。かたちとして残すために、カメラは必需品です」と話した。

新テレビCMは「イチガン新世界。」をキャッチコピーに「EOS 70D」をアピールする内容で、全編スコットランドでロケを行った。キャッチコピーにちなんで、挑戦したいことを聞かれると、妻夫木さんは「一人旅。役づくりでは行くけれど、そろそろしてみるのもいいんじゃないかな。東北には行ったことがないので、東京よりも上に行ってみたい」と答えた。新テレビCMは8月下旬からオンエアされる。

・「EOS 70D」の製品詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング