ソフトバンクモバイル、片手で使いやすい防水スマートフォン「DIGNO R 202K」

2013.7.4 11:29配信
DIGNO R 202K(ターコイズグリーン)

ソフトバンクモバイルは、片手で使いやすい世界最軽量94gの京セラ製スマートフォン「DIGNO R(ディグノ アール) SoftBank 202K」を、7月5日に発売する。

約4.3インチのHD液晶ディスプレイ、1.5GHzのデュアルコアCPU、有効約810万画素カメラ、1800mAhのバッテリを搭載した防水スマートフォン。高速データ通信サービス「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの速さで通信できる。

長時間持っても疲れず、片手で使える幅60mmのコンパクトサイズ。ディスプレイ全体が振動して音を伝える京セラ独自の「スマートソニックレシーバー」や、使いやすさに配慮したユーザーインターフェース「エントリーホーム」を搭載する。一般的な携帯電話と違って受話口がないので、耳に当てる位置を気にせず通話ができる。さらに、耳を覆うようにディスプレイを押しあてることで、周囲の騒音を遮断し、駅のホームなど騒がしい場所でも相手の声をクリアに聞くことができる。

OSはAndroid 4.2。IPX5/IPX7相当の防水・IP5X相当の防塵に加え、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線などに対応する。また「省電力ナビ」で、アプリの利用状況を判別して不要な通信を停止する「オート通信制御」などを設定でき、省電力モードでバッテリのもちが約10%向上する。サイズは幅約60.0×高さ122.0×厚さ10.4mm、重さは防水対応スマートフォンでは世界最軽量の約94g。カラーは、ターコイズグリーン、ピンク、ブラック、ホワイトの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング