夏フェス&イベント特集2013 裏ワザ・役立ち情報まとめ

夏フェスで大活躍間違いなし! 持参すべき「最新便利グッズ」特集

真夏の野外で行われる「夏フェス」。太陽や雨から身を守るため、準備も大変ですよね。そこで今年の夏フェスで大活躍間違いなしの「最新夏フェスグッズ」をご紹介。どれもこれも夏フェスを便利に楽しくしてくれるものばかりですよ!

今年も暑い夏がやってきます。暑いのが苦手な人でも「夏のイベント」は好きという方も多いはず。花火大会、ビアガーデン、夏祭り、バーベキューなどなど...、日本には夏を楽しむワクワクするようなイベントが盛りだくさん。そんな中、最近すっかり市民権を獲得した夏のイベントがあります。それが、夏フェス!

夏に行なわれる音楽フェスティバル、通称「夏フェス」。大自然の中で音楽が楽しめる『FUJI ROCK FESTIVAL』や、国内外の旬のアーティストが出演する『SUMMER SONIC』、日本の音楽シーンが体感できる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』など、人気の野外フェスが夏に集中しているため「夏=夏フェス」といったイメージが定着しつつあります。

しかし、多くの夏フェスが野外で行なわれており雨天決行なのが当たり前。そのため、夏の太陽から肌を守る「紫外線対策」をしながら、雨が降った時のための「雨具」も必要だったりと、その準備はなかなか大変なもの。ましてや「夏フェス」初体験ともなれば何を持っていくべきか悩んでしまいます。

そこで、今年の夏フェスで大活躍間違いなしの「最新夏フェスグッズ」を7つピックアップして紹介。どれもこれも夏フェスを便利に、そして楽しくしてくれるものばかり。ぜひ参考にしてみて下さい。
 

『FUJI FOREST × kiu:フォレストポンチョ』

毎年、新潟の苗場スキー場で行なわれる『FUJI ROCK FESTIVAL』。音楽と自然の共生を目指しているこのフェスでは『フジロックの森プロジェクト』という環境保全にも力を入れています。その考えに賛同してオフィシャルサポーターとしても参加する『kiu』から、フジロックをイメージしたポンチョが発売。

 

30cm×17cmほどのポーチに収納できる『フォレストポンチョ』(4,935円・税込)。可愛いイラスト付きの防水加工された大きめのポンチョです。ゆとりあるサイズのため動きやすく、フード付きのため雨から全身を守ってくれます。手前にはファスナ付きのポケットもあり実用的。濡れたポンチョはポーチに収納できるのも嬉しいポイント。色は同じ柄でピンクとブルー。

 

夏フェスで必ず持参するべきものが「雨具」。特に、傘が使えない野外フェスでは「雨カッパ」や「ポンチョ」は必須アイテム。よく見かける白や透明の雨カッパでも構いませんが、一年に一度のお祭りのときぐらい『フォレストポンチョ』を着てオシャレに楽しみたいところ。このポンチョの売り上げの20%は『フジロックの森プロジェクト』に寄付もされるとのことなので、フジロックに行く方には特にオススメのポンチョです。

人気記事ランキング