それなりに長い間、お付き合いしている彼がいる。彼も結婚を意識しているみたい。

だけど、なぜかプロポーズをしてくれない…。

男性は、女性が考える以上に結婚についてプレッシャーを感じるものです。

彼が結婚に対して覚悟を決める前なら、彼女のちょっとした一言でプロポーズが遠ざかってしまうことも。

もしかしたら、こんなことを言ってしまっていませんか?

プロポーズを遠ざけるNGワード5つ

1.「親から結婚のことについて聞かれるんだけど」

これは、結婚について覚悟が決まっていない彼にとっては、プレッシャー以外のなにものでもありません。

彼は、彼女の両親が結婚を待っていることも分かっているはず。だからこそプレッシャーがさらに強くなって、プロポーズの言葉を言い出せなくなる可能性大です。

2.「結婚したら~」というフレーズをやたらと使う

何気なく言ってしまいそうですよね。たとえば「結婚したら子どもは二人ほしい」とか。

でもこれは、彼にしてみれば結婚後の生活のプレッシャーをさらにかきたてられるだけ。結果、プロポーズを遠ざけるだけです。

3.「結婚式は~」というフレーズをやたらと使う

プロポーズの意思が固まっていない段階なら、彼にとってはプレッシャーになるのは、これまでお話しした通りです。

また、結婚式のことばかり話題にする女性は、男性からみれば、結婚式にあこがれるだけの幼稚な女性に感じることも多いです。男性は、家庭をしっかり守ってくれて自分をいやしてくれる女性と結婚したいという希望を持つ人が多いです。

彼女ではなく、妻にふさわしい女性を演出するためにも、このフレーズは避けましょう。

4. 婚約指輪のことを具体的に話したがる

女性にしてみれば、彼から指輪を差し出されてプロポーズされるのは、憧れの瞬間だと思います。

ですが、男性からしてみれば、高価な婚約指輪のことを具体的に話したがる女性は、経済観念がなくて妻として家計を守ってくれない人なのではないかという不審を抱かせるだけです。

5. 「何歳までに結婚したい」と彼の前で繰り返す

これも覚悟が決まらない彼にプレッシャーを与えるNGワードです。

女性の人生は、時間との闘いという方がいます。もし結婚後に出産を考えているなら、たしかに結婚の時期を考えたほうがベターです。ですが、彼にとってはプロポーズを急かしているだけに聞こえる可能性が高いです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます