バーグハンバーグバーグ通信

社会人必見! 勤務中でも怒られないツイッターの仕方

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第38回。今回は、勤務中に堂々と「ツイッター」ができて、それが周りにバレないためのカモフラージュを6つご紹介いたします。ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの社会生活に役立てていただければと思います。

会社勤めなら上役も平役も関係なく、誰もがやっている仕事中のツイッター。いくら猫も杓子も手を出しているツールとはいえ、「私は勤務中にツイッターをしていましてね」といわんばかりに堂々とパソコンで画面を開くわけにはいきません。

そこで今回は、勤務中に堂々とツイッターができて、それが周りにバレないためのカモフラージュを6つご紹介いたします。ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの社会生活に役立てていただければと思います。

 

 

 

 

1.

勢いをつける

すぐに「君、勤務中にツイッターをしているのかね?」と疑われる方はつぶやきに助走をつけると良いでしょう。厳密に言えばサボりに分類されてしまうツイッターですが、勢いがあれば「おっ、少なくとも気合は入ってるな」と見逃してもらえるはずです。

 

 

 

 

2.

地震を早とちりするたびに机の下でツイッターをのぞく

ちょっとした振動ですぐに「地震!?」と取り乱すキャラクターになり切って、何かというと机の下に潜り込むようにしましょう。そこにツイッターの画面を開いておけば、いつでも悟られることなくツイッターを覗き見ることができます。

 

 

 

 

3.

伝え聞く

ツイッターに詳しい同僚の協力を仰ぎ、仕事の報告を受けるようなていでツイッターの現況を報告してもらいましょう。思わず吹いてしまうようなおもしろツイートを教えられても、険しい顔を乱さないよう気をつけなければなりません。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント