ブラザーが展示館を「ブラザーミュージアム」に名称変更

ブラザー工業は1月22日、愛知県名古屋市の本社ビル前に併設している「展示館 ブラザーコミュニケーションスペース」を「ブラザーミュージアム」に変更したと発表した。 この施設は、ブラザーと顧客をつなぐ交流の場として、2005年3月にオープン。累計来館者数が15万人を達成するなど、国内外からの来館者が増え、当初の目的だった交流の場としてだけでなく、展示施設としての役割を担うことが多くなっていった。このような施設の利用目的の変化に伴って、「ミュージアム」に名称を変更することとなった。これにあわせて、一部展示内容やレイアウトなどのリニューアル。なお、一般来館者の先着100人に記念品が配られる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます