HARTONE、ゲストバンドを迎えての3周年記念ライブは大盛況

2013.7.10 13:00配信
HARTONE HARTONE

HARTONEが7月4日(木)に東京・渋谷O-Crestで3周年記念ライブを行った。

HARTONE[は2010年6月に結成。ROCKとPOPを掛け合わせた音楽性で人気を博している。バンド名のHARTONEはHART=心臓、TONE=音色と言う意味が込められており、毎日がワクワクするような希望に満ちた生きた音楽を発信したいという想いから命名された。

この日のライブは「HARTONE3周年記念イベント!コツコツやってるeveryday大感謝祭!」というタイトルで、HARTONEと縁が深いバンドが出演。まず、OPアクトとして、フレディー・マーキュリーに扮したHARTONEの4人が登場し『We Will Rock You』のリズムで替え歌を披露、スペシャルなアクトに観客からは歓喜の声が挙がる一方、続いて登場した1番手「PURPLE HUMPTY」は「やりにくいわ」と笑うという場面も。ただPURPLE HUMPTYはそう言いながらも、この日のライブにピッタリのピースフルな空気を作り上げるライブを見せていた。続いての「坊っちゃん」は、自身もこの体制になって3年目である事を明かし「3年経つともう家族みたいなもの」と自身の経験も交えて話していた。また3番手の「ニューヨークと自転車」は直接的なMCはなかったが、楽曲でHARTONEの記念すべき日を祝うかのようなライブを披露。4番手のGEMINIはHARTONEの3周年を祝いながらも、主役を食ってやろうとせんばかりの熱いライブを披露していた。どのゲストも、HARTONEの3周年を心から祝い、イベントを盛り上げていた。

そしていよいよこの日の主役HARTONEが登場。MC無しでいきなり楽曲がスタート。Vo/Gの吉川の咆哮がこだまする。「3周年ありがとう!」という言葉ともに披露されたのは『スポットライト』。「高く 高く 歌うんだ 空見上げて」と歌われるこの歌は3周年を迎えて、また新たな高みを目指す彼らの想いを歌っているようだ。いつもはアコギを使うという吉川がこの日のために用意した赤いエレキギターもステージ上でよく映えている。「スロースターターの人間なんです」と自身のバンドを評しながら、「最近やっと良い音楽を作る、届けるという事に自覚的になってきた」と語っている彼らの眼差しは非常に頼もしい。多くの出会いや、始めた当時のスタッフや仲間の事を語りながら『ハルナノニ』『フルサト』といった曲を演奏する場面では、見ている人はそれぞれの人生に重ね合わせて、感動した事だろう。アンコールでは『グッドグットモーニング』を披露し「小さい人間ですが、音楽で繋がっていける事で、大きくしてもらっていると思います」と感謝の弁を述べ、この日のライブは終了した。

セットリスト
1 スポットライト
2 南風ロックンロールウェーヴ
3 ハルナノニ
4 フルサト
5 RAINBOW
6 ペンギンNEO

アンコール
7 グッドグットモーニング

いま人気の動画

     

人気記事ランキング