【婚活】男性から「選ばれるアラサー女性」になる8つの方法

深みにはまって、スパイラルに陥ってしまう女性も少なくない「婚活」。彼女たちが婚活を“卒業”するためには、どんなことを心がければいいの? ネット婚活のスペシャリスト・髙田康太氏と、恋学コンサルタントで街コンジャパンエグゼクティブプロデューサーの大木隆太郎氏にお話をうかがいました。

深みにはまって、スパイラルに陥る女性も少なくない「婚活」。彼女たちが男性から選ばれて、婚活を“卒業”するためには、どのようなことを心がければいいのでしょうか。

NHK土曜ドラマ「ご縁ハンター」のドラマ制作にも関わった、ネット婚活のスペシャリスト・髙田康太氏(株式会社ツヴァイ チャティオ事業部長)と恋学コンサルタントで街コンジャパン エグゼクティブプロデューサー・大木隆太郎氏の対談に密着し、アラサー女性が意識しておきたい行動について聞いてきました。
 

大木:男性と結ばれて婚活を卒業していけるのは、どのような女性なのでしょうか?

髙田:ひとつひとつのご縁を大切にできる女性でしょうか。たとえば、婚活パーティでは、すこしでも「いいな」と感じた相手のことをチェックしておき、(パーティでカップリングに使う)カードに番号を書いてカップルになってみる。重く考え過ぎず、ひとりでも多くの人とデートする方が良いと思います。

まずは次の段階へ進まないといけません。(ちなみに、1回目、2回目くらいのデートでは住所などの個人情報を詳しく教えない、人気の少ない所にはついていかないといったリスク管理は徹底してくださいね)

大木:そうですよね。1回や2回デートしたくらいでは相手のことは正直わかりませんよね。外見だけで「この人はないな」と切ってしまうと、可能性を狭めてしまうと思います。まずはふたりきりで会って、中身を知ることが大事ですよね。

髙田:(男性の)外見なんて変えられますからね。NHK土曜ドラマ「ご縁ハンター」でも登場した「鼻毛くん」ですが(笑)、そんなの女性が変えてあげればいい。鼻毛だけでNGを出すのはもったいない。ファッションも同じで、結婚してから奥さんがファッションコーディネートしてあげたらいい。内面とは違って簡単に変えられる部分ですから。

大木:自分の理想を完璧に満たす相手なんて、そもそもいないですよね。でも、ある程度は、自分が求める理想のポイントを自覚しておきたいですよね。でないと、相手を見つけることなんてできないと思います。自分が相手に求めるものを、紙に書き出して整理してみるのはどうでしょうか。

髙田:いいですね。文字化することで、どんな相手と結婚したいか、目標がハッキリするはずです。「~な人と結婚したい」とリスト化、さらに優先順位をつけてみると良いですね。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング