ロジテックダイレクトでウェブ販売初の高速CPU分離装置を発売

ロジテックINAソリューションズは1月25日、直販サイト「ロジテックダイレクト」でPCリサイクルでマザーボードに搭載されたCPUユニットからレアメタル(希少金属)を分離する、日東造機の高速CPU分離装置の「HORUKAMU(ホルカム)HK-1V」の販売を1月18日に開始したと発表した。

HK-1Vは、使用場所を選ばずに使えて、煩雑なレアメタル分離作業を大幅に効率化。大量に廃棄される家電製品の電子基板には、金や銀、銅、パラジウムなどのレアメタルが使われている。こうした金属資源の眠る家電ゴミは、“都市鉱山”と呼ばれており、有効活用に向けたリサイクルへの取り組みがグローバルレベルに拡大しつつある。一方、金属資源の分離・仕分けは、丹念な手作業に頼るほかなく、効率性の改善が大きな課題となっていた。HK-1Vは、このような課題を解決し、PCリサイクルの効率性と収益性を高めることにつながる。ターゲットは、国内外のPCリサイクル事業者や金属資源回収事業者など。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます