カシオ、自由に回転するフリースタイルカメラ「EXLIM EX-TR15」、美白モードや自分撮りに便利

2013.7.11 12:51配信
EX-TR15

カシオ計算機は、コンパクトデジタルカメラ「EXLIM」シリーズの新製品として、レンズ、液晶、フレームが自由に回転し、美白モードやスマートフォンの画面を見ながらリモート操作で自分撮りできる機能を備えた「EX-TR15」を、7月19日に3000台限定で発売する。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

焦点距離3.8mm(35mmフィルム換算で21mm相当)のレンズと、有効画素数1210万画素の裏面照射型CMOSセンサを搭載。デュアルCPUと二つの画像処理回路、最新技術による高機能とデータを高速で処理するリコンフィギュラブルプロセッサ、2次元の画線をスムーズに描画するベクターグラフィックコアで構成する「EXILIMエンジンHS Ver.3」で、約1秒の高速起動、約0.31秒の撮影間隔、約0.18秒のオートフォーカス時間、約0.1秒の再生スピードと軽快な撮影レスポンスを実現する。

肌を滑らかにして、健康でいきいきとした肌に仕上げる「メイクアップ(ナチュラルモード)」に加え、ホワイトニング効果を施した肌に仕上げる「美白モード」を新たに搭載している。肌を滑らかにするメイクアップ機能は、12段階で選択できる。

撮影した写真に手書き文字や10種類のオリジナルスタンプを貼りつけるペイント機能や、ソフトフォーカスのふんわり効果とクロスフィルターのキラキラ効果を組み合わせてファンタジックな雰囲気の写真に仕上げられるアートショットの新機能「トゥインクルショット」を備える。

レンズ、液晶、フレームが自由に回転。フレーム部分にもシャッターキーを搭載したことで、フレームを持ったまま自分撮りができる。また、手元のスマートフォンで構図を確認しながらシャッターを切る「リモート撮影」機能で、斜めアングルや後ろ姿など、自由な構図やタイミングで撮影できる。「リモート撮影」で直前に撮影した画像は、スマートフォン画面上の「クイック送信」をタッチして、簡単にスマートフォンへ送信できる。

ボディは洗練された塗装で質感を高め、レンズまわりのパネルは2色の異なる素材を一体成形し、ガラスのような透明感と奥行きを表現する。全体をラウンドフォルムで構成し、グリップ/ホールド時のフィット感を向上。レンズ部には2連のリングをあしらい、繊細さと華やかさを演出する。

対応メディアはmicroSDXC/microSDHC/microSDカード。内蔵メモリは約52.1MB。サイズは幅128.9×高さ61.6×奥行き14.9mmで、重さは約170g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング