レノボ(ヤン・ユワンチンCEO)は、7月10日、IT調査会社の米IDCと米Gartnerによる世界のパソコン市場調査で首位を獲得したと発表した。

IDC、Gartnerのそれぞれの調査で、レノボは2013年4~6月に16.7%のグローバルシェアを獲得し、初めて首位に立った。これまで世界パソコン市場のトップはヒューレット・パッカード(HP)だった。

レノボ・ジャパンのロードリック・ラピン社長は、7月11日に『週刊BCN』の取材に応じ、「長年の夢がかなってうれしい。さらにビジネスの拡大を図る」とコメントした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます