今の音楽シーンを語るなら、とにもかくにもK-POPを外すことはできないでしょう。ハイクオリティなサウンドとパフォーマンスに、老若男女がトリコです。では、来年さらに活躍しそうなアーティストと言えば? まずは女性編です。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます