「高齢者向け生活支援サービス事業協創プロジェクト」が始動

日立製作所(日立)とサンヨーホームズは1月29日、生活支援サービス事業で協創パートナーシップを締結すると発表した。両社は、協創の第一弾として「高齢者向け生活支援サービス事業協創プロジェクト」を開始。一人ひとりの暮らしに寄り添ったサービスの提案・展開し、住まいと暮らしの向上を目指す。

高齢者向け生活支援サービス事業協創プロジェクトは、日立のIoT技術と、サンヨーホームズの住まい・介護施設や関連設備を活用。人・家・街・社会をデータでつなぎ、家庭での高齢者の見守り支援サービスや、高齢者の生活や行動パターンを分析・見える化して高齢者の健康を維持するサービスの展開に取り組む。また、高齢者が安心して元気に暮らせる「健康支援センター」も設立する計画。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます