パナソニック、ワイヤレスステレオヘッドホン2機種を発売

パナソニックは1月29日、広帯域・高解像度再生を実現し、ハイレゾ音源再生に対応したワイヤレスタイプのオーバーヘッドホン「RP-HD600N」「RP-HD500B」の2機種を発表した。2月22日に発売。税別の実勢価格は、「RP-HD600N」が3万3000円、「RP-HD500B」が2万6000円。屋外でも高音質な音楽を楽しみたいユーザー層を中心に販売を促し、月産台数として2機種を合わせて2000台を見込む。 2機種とも、ワイヤレスでありながらハイレゾ相当の精緻な音を忠実に再現するため、最新の二つのコーデックLDACおよびQualcomm aptX HDに対応させ、レスポンスが早く高い解像感を実現している。また、軽量設計と合わせて人間工学に基づき頭や耳の位置にフィットさせる3Dボールジョイント機構と3Dイヤーパッドを採用して装着性を高めている。HD600Nは、独自のノイズキャンセル信号処理回路を採用し、外部の騒音状態に合わせてノイズキャンセル強度を選ぶことができる三つのノイズキャンセリングモードを搭載したほか、ヘッドホンを着けたままワンタッチで周囲の音が取り込める「ボイススルー機能」も搭載している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます