『永遠の0』をサザンが彩る! 23年ぶりに映画主題歌担当

2013.7.12 14:6配信
『永遠の0』

岡田准一や三浦春馬、井上真央ら豪華キャストが出演することで話題の映画『永遠の0』の主題歌をサザンオールスターズが担当することが明らかになった。

その他の情報

本作は、健太郎(三浦)が太平洋戦争の時代を生きた祖父・宮部(岡田)の足跡をたどり、60年間封印されてきた真実に迫る物語で、製作途中の作品を観た桑田圭祐が物語に強く共感し、主題歌『蛍』が誕生した。

サザンオールスターズが映画主題歌を手がけるのは23年ぶりで、このほど発表された『蛍』は、桑田がオーケストラをバックに情感豊かに歌い上げるバラード曲。戦争の時代だけに限らず、現代にも通ずる普遍的な平和への祈りを歌っている。

桑田は「“家族のために必ず生きて帰る。それこそが愛ではないか。”そう信じ、“待っている人がいる”ことそのものが生きる原動力となっている。現代を生きる私たちにも通ずる、そんな主人公・宮部久蔵の姿に非常に大きな感動をいただきました。この映画の中に流れている“平和への祈り”のようなメッセージを、私なりに音楽という形を通じて、多くの方々に伝わっていくためのお手伝いが、少しでも出来ればと思っております」とコメントを寄せている。

『蛍』を含む全4曲が収録されたシングル『ピースとハイライト』は8月7日(水)に発売される。映画公開を前に、サザンの楽曲で作品の世界観を味わいたい。

『永遠の0』
12月21日、全国東宝系ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング