大好きな彼と付き合えそうでまだ付き合えていない。まだ彼女にも彼女候補にもなっていない。そんな微妙な状態の場合、彼は心の中であなたを「いつかやれそうな女」と判断して“セカンド候補リスト”に入れている場合があります。

世の中、そんなことを考えている男ばかりではありませんが、ズルい考えを起こしている男がいることも事実。今回は、「セカンド候補リストを作る男の考えと、付き合える方法」について探ってみます。

どんな男がセカンド候補リストを作る?

セカンド候補を作る……とはいっても、女をリストアップしたりうまくつながりを持ち続けたり、たいていの男はマメではないので、そんな作業はけっこうめんどくさいです。それでも作る意欲があるのは、時間を有効活用する器用な男だから。合理的な思考回路なのでしょう。

もともとモテて話もうまいタイプ。そうでなければ女を何人もローテーションすることはできません。

どんな場合にセカンド候補リストを作る?

恋人にはしたくない。でもいつかできるかもしれないので、つながりを持っておきたい。それがセカンド候補を作る大きな理由ですが、もう一方で本命がいるけれど、ケンカしたときや別れそうになった時のゴタゴタの気分転換に、という理由のこともあります。

今の時点でとくにセカンド彼女がいらなくても、とりあえず候補リストは作っておいて、効率よく回すのです。

どんな女が狙われる?

注意すべき点は「あなたじゃなくてもいい、やれそうならだれでもいい」ということ。させてくれそうな人をセカンド候補リストに入れ、そのリストの順番で連絡していきます。

  • 優しい女
  • 彼のことがとても好きな女
  • 恋人がいそうな、またはいる女
  • 男女の深いつきあいを軽く考えていて断らない女

と、リスト上位はこのような感じです。該当していませんか? 

相手からいきなり連絡が来る、当日会う約束ばかり……の場合は、あなたがセカンド候補リストに入っているためです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます