付き合ったときは「この人、完璧!」と思っていても、実際に長く一緒にいると、そんなことはなくて…。

むしろ、何でこの人はここまで器が小さいのか、とがっかりするときの方が多くなりませんか?

器が小さいのに、上から目線で話されると、もう我慢できない!

器が小さい男性よりも、もっと大人で紳士的な人を選んだ方が良さそう…。

今回は、器の小さい男性が言いがちな台詞・とりやすい行動をご紹介します。

器の小さい男性が言いがちな台詞1「俺の方が~」

器の小さい男性は、女性が自分よりも上に立とうとすると必ず嫌がります。キャリア的にも先を越されると、どうしても納得がいかなくなるのでしょう。しかし、あからさまに嫉妬されても、女性側としては、とてもいい迷惑。

どちらかというと、一緒に成長し合えたらベストなのに、彼はいつまでも、うじうじしている状態…。

器の小さい彼が必ず言う一言といえば「俺の方が」。

そう、どんなときも彼は女性よりも上に立っていたくて、女性側が彼と張り合うつもりで言っていないことに対しても、プライドを立たせようとします。

何か話すたびに「俺の方が上」ということを言ってくるなら、その相手はベストパートナーとは言えないかも…。

器の小さい男性が言いがちな台詞2「やらないだけでやればデキるんだ」

器の小さい彼は、自分が負けていることを絶対に認めません。

たとえば、彼女が一人旅デビューしたときも「俺だってやらないだけでデキるんだ、やらないだけだ」と、自分の負けを認めようとしない(そもそも張り合ってはいないけれど)なら、彼は間違いなく、これからも小さい器をもったままの状態です。

一番怖いのは、張り合っている意識すらないまま、こういった発言をすること。無意識のジェラシー(しかも男の!)は、一番怖い…。

行動力があってアクティブに過ごしている女性からしてみると「やらないだけでやればできる」と言うのは、言い訳にしか聞こえません。本当に彼女よりもできるなら、とっくに行動に移していたはずです。

張り合う人よりも、一緒に高め合える関係が理想的かも。

器の小さい男性が言いがちな台詞3「俺なんて」

器の小さい男性は、決して張り合うタイプだけとは限りません。

わざと自分を卑下して、彼女に気を遣わせる人もいます。

そんなタイプの彼が解き放す言葉といえば「俺なんて」。

せっかく彼に資格試験の合格を報告しても「おめでとう。俺なんて落ちちゃったしね」と、まったくお祝いムードになれない発言をしてくるなら、彼は間違いなく器が小さいといっていいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます