MAIKO SNOW LAND|舞子スノーリゾート(舞子エリア)

子どもたちが、スノーレジャーに挑戦できるようになって数年経ち、プライベート&取材で、全国のスキー場を駆け回るようになりました。

様々なスキー場を経験するとわかるのですが、

「子どものスキーデビューはどこがいい?」

と首都圏在住の方に聞かれたら、今なら迷わず、即答で、舞子スノーリゾートをおすすめします。

子連れで、ホームゲレンデと呼んでいいくらい通っているアウトドアライターが、2つのエリアの特徴とメリット、便利施設、注目の絶品レストランから絶景スポットまで、完全紹介します。

舞子がファミリーに最適な3つの決定的理由

1. 首都圏から近い

舞子スノーリゾート(舞子エリア)

関越自動車道「練馬」ICから、わずか2時間程度。

「塩沢石打」ICを降りて、舞子エリアは1〜2分、日帰りスキーセンターも5分とかかりません。

所要時間の短さだけでなく、雪の山道を一切運転しなくてよいのは、素晴らしく楽です。

新幹線ならば、「東京」駅から、最寄りの「越後湯沢」駅まで70分程度(列車によって変わります)とあっという間。

「越後湯沢」からは無料シャトルバスが出ています。

本格的なスキー場の中では、最高レベルのアクセスの良さです。

2. 寒すぎない

スマイルキッズパーク|舞子スノーリゾート(日帰りスキーセンター)

「舞子スノーリゾート」の周辺、南魚沼市や湯沢町は、雪の豊富な地域として有名です。

しかしながら、「舞子スノーリゾート」の舞子エリア、長峰エリアは、標高がそれほど高くないため、滅多なことで日中にマイナス5℃以下にはなりません。

もちろん、雪質は並ですが、仮にパウダースノーでも、マイナス10℃以下の極寒で、強風が吹き荒れていたら……雪遊びどころではありませんよね。

雪に慣れている子であれば、もっと良い環境はたくさんありますが、これからスノーレジャーデビューしようという子にとっては、「寒すぎない」という環境は、安心して楽しむために、大きなメリットになります。

3. スクールが最高&雪遊び充実

ママミキーキッズスノースクール|舞子スノーリゾート(日帰りスキーセンター)

「舞子スノーリゾート」には、評判が高い2つのキッズスクール、

「ママミキーキッズスノースクール」

「スノーボードスクールSTEP7舞子校」

があります。

我が家は、どちらも受講経験があり、特に「ママミキーキッズスノースクール」は、いくつものスクールを経験している子どもたちが別格で大好き。

これだけのために舞子スノーリゾート行きを決めても、まったく損はしません。

400mのソリ専用ロングコース!!「MAIKO SNOW LAND」|舞子スノーリゾート(舞子エリア)

また、仮にスキー・スノーボードを一切やらないとしても、400mのロングソリコースや、バナナボート、キッズパークなど、たっぷり雪遊びできる環境があります。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!