スマートグラスを活用した「ライオンキング」の多言語字幕サービス

エプソン販売は1月31日、劇団四季とイヤホンガイド、エヴィクサーの3社とディズニーミュージカル「ライオンキング」で、「スマートグラスを使用した多言語字幕サービス」を開始すると発表した。2月27日からの札幌公演で実施する。

サービスの対象は7歳以上。エプソンのスマートグラス「MOVERIO(モベリオ) BT-350」を活用して提供する。対応言語は、「英語」「中国語(繁体字・簡体字)」「韓国語」「日本語」の4種類。このサービス導入によって、来場者は舞台から目を離さずにハンズフリーで観劇することができるようになる。インバウンド対策だけでなく、聴覚障がい者の観劇を支援する施策にも活用することが期待される。

機器の貸出と運用をイヤホンガイド、字幕表示に関わる音響通信技術「Another Track」の開発と提供をエヴィクサーが担当する。料金は税込2000円。なお、身障者手帳をもつ聴覚障がい者は手帳の提示で無料となる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます