ジョニー・デップ、撮影中の落馬を告白『ローン・レンジャー』来日会見

2013.7.17 15:5配信
ジョニー・デップ

米俳優のジョニー・デップが10度目の来日を果たし17日、都内で最新作『ローン・レンジャー』の記者会見を行った。会見には共演するアーミー・ハマー、製作を務めたジェリー・ブラッカイマー、ゴア・ヴァービンスキー監督が同席。デップは復讐に燃える悪霊ハンターのトントを演じ「走っている馬から落ちたり、大変な思いもしたけど、素晴らしい映画を完成させるためには、試行錯誤と全力投球が必要。何より楽しむことが大切だと思う」とポリシーを語った。

その他の画像

映画は復讐に燃える悪霊ハンターのトント(デップ)と、聖なる力によって瀕死から甦り“ローン・レンジャー”となった男ジョン(ハマー)が巨悪に立ち向かうアクション大作。デップは顔を白く塗り、なぜか頭に鳥の亡骸を飾ったユニークな役どころに挑み、「英雄よりも世間から爪弾きされたアウトサイダーのほうに興味があるんだ。だから、トントに惹かれるね。あの絵画からヒントを得て、頭に鳥の亡骸を乗せてみた。皆さんも試してみては?」と笑いを誘っていた。

タイトルロールを演じるハマーは「最高に楽しい体験。世界一の才能に囲まれ、これほど楽しい思いをしたのに、さらにギャランティーまでもらっていいのかなって思うよ」とデップとの初共演に興奮しきり。ヴァービンスキー監督は「なぜ正義のヒーローであるローン・レンジャーが、素顔を隠さなければいけないのか? そんなテーマを問いかけたかった」と話していた。

デップ、ブラッカイマー、ヴァービンスキー監督といえば『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの黄金トリオ。今回の来日は『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』以来、約6年2か月ぶりに日本で3人が顔を揃える機会となった。「ジョニーは映画製作というパーティーに、常に新鮮さを持ちこんでくれる。素晴らしい俳優であり、大切な友人だよ」(ブラッカイマー)、「常に驚かせてくれるのがジョニーなんだ。特に今回はハマーとの“化学反応”が見どころだし、ふたりの絆が深まる瞬間に立ち会えるのは光栄だった」(ヴァービンスキー監督)とデップとの再タッグに喜びをかみしめていた。

『ローン・レンジャー』
8月2日(金)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング