KDDI、「Live'Spot」の発表会に品川祐さん、水沢アリーさんらが登場

2013.7.18 11:52配信

KDDIは、7月17日、音楽ライブの生中継が楽しめるライブビューイングサービス「Live'Spot」の記者向け発表会を開催した。発表会ではお笑いコンビ・品川庄司の品川祐さん、しずるの池田一真さん、村上純さん、タレントの水沢アリーさんが出席し、「Live'Spot」を体験した。

「Live'Spot」は、音楽ライブの生中継を映画館の大画面と5.1chの高音質のサラウンドで楽しめるサービス。ライブ会場に近い5.1chのサラウンドで楽しめると聞いた池田さんは「僕らも音でお客さんのハートをしっかりつかむことが多い。5.1chっていうのはありがたいね。ね、水沢さん」という突然の振りに水沢さんは「いまの(池田さんの)コメントもいい感じで響いている、はず?」と応じた。

さらに水沢さんは近くの映画館で楽しめることに触れ「ライブってお金もかかるし、遠いからなかなか気軽に計画を立てられなくて。映画と同じように気軽にお近くの映画館に寄れるのは、そりゃいいですよ!」と熱弁を振るった。

映画監督ならではの視点で、と司会者に水を向けられた品川さんは、「いい席が取れないとアーティストとの距離が遠くてモニタを見るんだけど、モニタを見たらいいのか本人を見たらいいのか目が散っちゃう。あと、生放送って録画して見ると意外とおもしろくなくなる。『Live'Spot』は生放送の何が起きるかわからない面白さとちゃんと編集したカット割りと、ライブと録画番組の両方のよさがある」とコメントした。

その後、実際にステージ上で「Live'Spot」の5.1chサラウンドを体験した4人。品川さんは2.1chとのあまりの違いに「クラブと田舎のスナックの音響設備ぐらいの違い」とたとえた。水沢さんは「重低音がライブにいるみたいにちゃんとリズムが足から伝わってくる」と感想を語った。

さらに品川さんは、アーティストのパフォーマンスだけではなく、ライブ会場全体の雰囲気を感じられる点についても触れ、「お客さんのワーッていう歓声も響くから、ライブ会場にいるような感じがする」と話した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング