ソニー、業界初のバックアップSDカード「SN-BA16」など3モデル、PCのデータを暗号化してバックアップ

2013.7.18 19:3配信

ソニーは、PCに挿入しておくことで、あらかじめ指定したフォルダ内のファイルを更新するたびに、自動でデータを暗号化してバックアップするバックアップSDカード「SN-BA16」(16GB)、「SN-BA32」(32GB)、「SN-BA64」(64GB)を、8月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「SN-BA16」が3800円前後、「SN-BA32」が6500円前後、「SN-BA64」が1万4000円前後の見込み。

付属のソフトウェア「Real-time Backup Utility」上で、バックアップするフォルダをあらかじめ選択しておくだけで、フォルダ内のファイルを新規作成したり、更新したりするたびにSDカードに自動でバックアップ。常に最新のバックアップファイルを、わずらわしい操作を行うことなく保存できる。対応OSは、Windows 8/7(SP1)/Vista(SP2)/XP(SP3)。

バックアップファイルは、最新の暗号化方式「AES256bit」で暗号化してSDカードに保存する。さらに、バックアップファイルを書き戻す際には、パスワードの入力が必要なので、SDカードを置き忘れてしまった場合でも、他の人にファイルを見られることはない。

PC上のファイルのアイコン上には、バックアップ状態(未完了/完了)を示すマークを表示するので、状態をひと目で把握できる。

「SN-BA16」と「SN-BA32」はSDHCカード、「SN-BA64」はSDXCカードで、いずれもUHS-I規格に準拠。SDスピードクラスはClass 4。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング