今期も良作が多く、「豊作」という言葉で形容したくなる2018年の冬アニメ。

その主題歌も沢山の良曲と名曲が揃っているのですが、今期のアニソンは例年以上に「歌」の力がストレートに音楽的な個性へと繋がっているナンバーが多い印象を受けました。

シンガーの歌と美声に注目すべき2018年の冬アニソン。各作品、主題歌に触れつつ、歌心タップリなアニソンをご紹介します。

"歌モノ"としての魅力的な主題歌が揃った『ゆるキャン△』

今期のアニメの中でも、特にその主題歌の魅力に刮目すべき作品が『ゆるキャン△』でしょう。

本作は、『まんがタイムきららフォワード』連載作のアニメ化で、所謂"きらら系アニメ"の系譜にあたる作品。しかしながら、そうしたアニメの主題歌におけるスタンダードと言うべき「主演声優による声優ユニットソング」という形式をオープニングでもエンディングでもオミットし、アニソンシンガーによるソロ曲を使用することで、独自性の高い音世界を生み出すことに成功しています。

オープニング曲は、亜咲花さんが歌う『SHINY DAYS』、そして、エンディング曲は、佐々木恵梨さんの『ふゆびより』。

前者は、ジャクソン5へのオマージュがタップリ詰まったソウルフルなポップスナンバーで、ジャイブ感のある鍵盤の音色をリードに、跳ねるようなリズムやファンキーなギターカッティング、モータウン的な女性コーラスなど、ソウル・ミュージックを巧みにアニソンへと落とし込んだ音作りに思わず耳を奪われます。

まさ、そこに乗る亜咲花さんの歌声も、聴く者の心に温かみを与えてくれるような陽色の輝きを有しており、凝りに凝った編曲以上にシンガーとしての個性をリスナーに印象づけます。

これまでにリリースしてきたシングル曲では、ドラマティックでハードなメロディに乗せて力強い歌声を聴かせてくれた亜咲花さんですが、本曲では、その歌声が持つポップな側面が強く打ち出されており、ポップスシンガーとしての高い実力をアニソンファンに見せてくれました。

『ふゆびより』も"歌"の魅力を全面に押し出した楽曲で、たおやかな歌声が歌詞とメロディを紡いでいく様が何とも快い。この曲で聴くことができる佐々木さんの声は、どこまでもイノセントで、まさに歌詞で描かれる冬の景色のような澄み切った空気を思わせます。

何よりも歌そのものに求心力があるナンバーで、各種楽器の演奏も歌声を邪魔しない程度に、あくまで控えめにレイアウトしている点が心憎い。間奏パートに、口笛を持ってくるという一工夫も楽曲にヒューマニズムを加えており、佐々木さんの歌をより一層引き立たせています。

オープニング、エンディング共に"歌モノ"としての底力を感じさせる楽曲で魅せてくれる『ゆるキャン△』。『けものフレンズ』での仕事で一躍アニメファンの注目を集めることとなった立山秋航さんの劇伴も含めて、今期作の中でも特に音楽面で楽しませてくれる作品です。

『スロウスタート』のエンディング曲は、作品性に沿った歌詞と歌が聴きどころ

『ゆるキャン△』と同じく、きらら系アニメである『スロウスタート』のエンディング曲『風の声を聴きながら』も歌モノとしての完成度が際立つ楽曲です。

三月のパンタシアにとって、5枚目のシングルとなる本曲。本ユニットでヴォーカルを取る「みあ」さんの声と歌心を中心とし、ジックリと聴かせる楽曲に定評のある三月のパンタシアですが、その歌声の魅力は、最新曲となる本曲でも健在です。

優しくも、どこか儚げな印象のあるヴォーカルは、同ユニットならではの大きな強みであり、思わず引き込まれてしまうような不思議な求心力がある。

また、『スロウスタート』の世界観に沿った歌詞世界は、どこまでもエモーショナルで、アニメ本編のストーリーや主人公の心情に思いを馳せながら歌詞を追っていくと、より一層豊潤な歌世界が目の前に広がります。

"きらら系アニメ"らしい元気いっぱいのオープニング主題歌『ne! ne! ne!』との間に上手くコントラストもついており、楽曲単体では勿論のこと"主題歌"としても完成度の高い1曲です。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー