フォースメディア、AAC/apt-X対応ワイヤレスFMトランスミッタ「F-BTFMAXK」

2013.7.19 19:3配信
F-BTFMAXK

フォースメディアは、J-Forceブランドで、高音質のオーディオコーデック、AAC/apt-Xに対応したBluetooth接続のワイヤレスFMトランスミッタ「JF-BTFMAXK」を、7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5980円の見込み。

スマートフォンなどとBluetoothで接続し、音楽をワイヤレスで再生できるBluetooth対応ワイヤレスFMトランスミッタの最新機種。2012年4月に発売した「JF-BTFM2K」をAAC/apt-Xに対応した新バージョンで、apt-Xの技術ライセンスをもつBluetooth半導体大手のCSR社製Bluetooth 4.0対応チップ「CSR8645」を搭載し、従来のSBCより高音質で遅延の少ない伝送を実現した。

従来製品同様、ワイヤレスで接続するので、クルマの運転席・助手席に加え、後部座席でも、手元のスマートフォンで曲の選択・再生などを行うことができる。Bluetooth 2.1以降なら、パスキーなしで簡単ペアリング可能。ボタンを押すだけで簡単に操作できる。通信距離は最大2mで、ペアリングメモリ数は5台。

電源はシガーソケットから給電し、操作部の角度を変えることができる可動式シガープラグを備える。また、1Aの電流を供給する充電用USBポートで、ロングドライブ時などは、スマートフォン本体を充電しながら使うことができる。カラーはブラック。

2012年4月に発売した前機種「JF-BTFM2K」は、Amazonのカスタマーレビューで4以上の高い評価を得るなど、好評だった。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング