ディズニーランド・パリ(DLP)でピクサー最新作『リメンバー・ミー』の主人公ミゲルに会いました。

ピクサー最新作がディズニーランド・パリに登場!

日本では2018年3月16日(金)に公開されるディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』。

海外では2017年11月に公開されており、12月に訪れたディズニーランド・パリでは主人公のミゲルにも会えました。

フロンティアランドのレストラン「フエンテ・デル・オロ・レストランテ」(Fuente del Oro Restaurante)では、『リメンバー・ミー』(原題:Coco)の装飾でいっぱい。

フードも『リメンバー・ミー』をイメージしたものが提供されていました。

映画モチーフのデコレーションがいっぱい

東京ディズニーシーの「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」でも2018年6月6日(水)まで『リメンバー・ミー』のメニューが提供され、お店も映画のデコレーションがありますが、パリのレストランはオープンスペースが大きいこともあり、かなり目立っています。

「フエンテ・デル・オロ・レストランテ」は、ビッグサンダーマウンテンの向かいにあり、アトラクションを利用するゲストにも注目されていました。

『リメンバー・ミー』はメキシコの「死者の日」というお祭りが舞台になっています。

「死者の日」は、10月31日から11月2日まで行われる故人の魂を迎える祭礼行事で、日本のお盆のようなもの。

賑やかなお祭りで、「死者の日」らしい色とりどりのデコレーションが見られます。

また、『リメンバー・ミー』の主人公ミゲルはミュージシャンになることを夢見る少年。

音楽やギターも作品中の重要なキーワードであり、デコレーションのあちこちにもギターのモチーフが見受けられます。

他にも解説すると映画のネタバレになってしまうようなものもありますが、とにかく賑やかで見ていて楽しいデコレーションの数々です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます