X280

レノボ・ジャパン(レノボ、留目真伸社長)は2月1日、ThinkPadシリーズの最新ラインアップとして14モデルを発表した。新モデルは、モバイルPCが利用されるシーンをモバイルワーカー、フィールドワーカー、ハイブリッドテレワーカー、インターナルワーカーの4つに分類し、それぞれの働き方に最適な新製品をラインアップすることで、働き方改革をサポートする。 全モデルの電源コネクタに、次世代インターフェースのUSB Type-Cポートを採用。また、テレワークでの利便性を考慮して、LTE対応モデルを拡充し、電話会議中のプライバシー保護や、セキュリティ対策に効果を発揮する物理的なカバーThinkShutterを新たに採用するなど、次の時代に向けたモバイルPCのスタンダードを提案する。さらに、Adobe RGBカバー率100%となるHDR400準拠の美しい液晶により、デザイナーやカメラマンなど、プロクリエイターのニーズにも応えられる色再現性を提供する。

日本市場で人気のXシリーズ後継の「X280」は、新設計でさらに薄く軽くした。外勤営業や企画など取引先で顧客と商談する、移動中に作業を行うことが多い仕事に従事する人をモバイルワーカーと分類し、こうした人に最適なPCとして「ThinkPad X280」「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X380 Yoga」をラインアップした。また、屋外や工場内など、さまざまな環境でPCを持ち歩き、多様な用途で作業を行う仕事に従事する人を、フィールドワーカーと分類し、最適なモデルとして「ThinkPad X1 Tablet」を用意した。

さらに、オフィス内での業務が中心ながら、顧客先への訪問やテレワークなど、社外でも作業を行う機会がある仕事に従事する人をハイブリッドテレワーカーと分類。あらゆるシーンで快適に使えるデバイスとして「ThinkPad T480s」「ThinkPad X1 Yoga」「ThinkPad T480」「ThinkPad L380 Yoga」「ThinkPad L380」を用意。主にオフィス内でデスクで作業を行い、フリーアドレスや会議室など社内の移動がある仕事に従事する人をインターナルワーカーと分類し、業務効率を追求したノートPC「ThinkPad T580」「ThinkPad L580」「ThinkPad L480」「ThinkPad E580」「ThinkPad E480」をラインアップした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます