アウトドア派はもちろん、普段はなかなか使わないけれど、キャンプや登山などでは、テントや寝袋を利用することも多いと思います。もしかしたら、自宅でも、寝袋で寝ています、なんて人もいるかも。

そんなアウトドア用品の1つ「寝袋」は、意外と役立つんですよね。
保温効果はもちろん、布団の外に出てしまうことも防止してくれます。

そんな訳で、今回は、アウトドアでも自宅でも、そして、1年中活躍する、「寝袋」にスポットを当て、その中でも「ちょっと変わった寝袋」をご紹介します!

 

ツタンカーメン

ツタンカーメンになったような気分になることができる寝袋。金ピカです!

顔の部分は取り外しができる枕になっており、ファスナーで開閉することもできます。

アウトドアはもちろん、お仕事で会社に寝泊まりが必須の方にも是非。

 

 

まぐろ

全長250cmもある、特大のまぐろ寝袋です。

ファスナーで開閉できるようになっており、中は、見事な、赤身なのだとか。

早朝の釣りや夜釣りなどのお供にピッタリかも。

 

 

人体模型

ちょっと見た目が怖いのですが、人体の勉強にもなりそうです。

あまり人目の多いところで、この姿で寝ているとビックリさせてしまうけれど、だからといって一人で使うにはちょっと寂しい。

というわけで、気の置けない仲間とのキャンプなどで、是非。

 
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます