夫は妻は、どんな生活を快適だと感じ、どんなことにストレスを感じているのだろうか。

生活スタイルや働き方、趣味や関心事が多様化してきていることから、夫婦それぞれが感じる快適な生活やストレスもさぞかし多様化しているのかと思いきや、男女ともにある傾向があることが調査結果から分かりました。

夫が持っている快適な生活のイメージは妻が持っている快適な生活のイメージとイコールにはならず、そこには男女間で大きなギャップが・・・また、その快適な生活の妨げとなっているストレスも男女間で違いがあることが分かりました。

今回は、男女間で大きなギャップがある「快適な暮らしのイメージと日々のストレス」についてお伝えします。

男女間で大きなギャップ!お金?家族?快適な暮らしのイメージとは

1つ屋根の下で一緒に暮らす夫婦は、同じ価値観を持ちながら共に快適な生活を送りたいと思うものです。そのため、快適だと思う生活のイメージも夫婦間では同じでありたいと思うもの。しかしそこには理想とは違い、夫婦間に大きなギャップがあることが分かりました。

LIXLEが20代~70代の1000人を対象に行った「暮らしに対するイメージ調査」の結果によると、男女間で快適だと思う暮らしのイメージは以下の通りとなります。

あなたにとって「快適な暮らし」とは、どのようなイメージがありますか?

【男性】 上位から表示

  •   
    • 25-34歳 :お金・ストレス(否)・温熱環境
    • 35-44歳 :お金・温熱環境・環境
    • 45-54歳 :お金・温熱環境(否)・ストレス(否)・困る(否)
    • 55-64歳 :ストレス(否)・健康・衣食住
    • 65-74歳 :健康・温熱環境・良い

【女性】 上位から表示

  • 25-34歳 :家・温熱環境・不自由だ・良い
  • 35-44歳 :家・温熱環境・ストレス(否)・必要だ
  • 45-54歳 :温熱環境・家・便利だ・良い
  • 55-64歳 :温熱環境・ストレス(否)・良い・物
  • 65-74歳 :健康・家・環境・自由だ・良い・ストレス・少ない・清潔だ

注目するべきは、男女間で生じている「ギャップ」です。

男性が抱く快適な暮らしのイメージは、「お金」とあげている人が多いことからも分かるように、「経済的に困らない暮らし」ですが、女性は「家が落ち着く空間であること」や「家がきれいであること」とあげている人が多いことから、「家の居心地」を重視していることが分かります。

やはりそれぞれが置かれた立場の違いから、差が出てしまうのは仕方がないようにも思いますが、結婚を考える上で重視するポイントに「お金」をあげる女性が多い中、女性の快適な生活のイメージに「お金」があがっていなかったことが、少し意外さを感じますね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます