翻訳機能の画面イメージ

KDDIと沖縄セルラーは、7月29日、auのAndroid搭載スマートフォン向けに提供している音声アシスタントアプリ「おはなしアシスタント」の機能を拡充し、海外旅行時など、外国語でのコミュニケーションをサポートする翻訳機能を追加した。

「おはなしアシスタント」は、電話発信、メール・SMS作成、アプリ起動、天気予報などを音声で操作できるスマートフォン向けアプリ。追加した翻訳機能を利用すると、マイクを押してスマートフォンに日本語で話しかけるだけで、外国語でのコミュニケーションに役立つフレーズをさまざまな言語に翻訳する。翻訳結果は、「お気に入り」に登録して使いたいときに呼び出したり、メールやSMSなどのアプリですぐに利用したりできる。さらに、逆翻訳を同時に表示して、相手にどのように伝わっているのかがわかる機能を搭載する。

対応言語は、英語・中国語(普通話)・台湾華語・韓国語・フランス語・ドイツ語・インドネシア語・イタリア語・マレー語・ポルトガル語(ポルトガル/ブラジル)・ロシア語・スペイン語・タガログ語・タイ語・ベトナム語・アラビア語・オランダ語・デンマーク語の18言語。ただし、音声入力・翻訳結果の音声出力は、日本語・英語・中国語(普通話)・韓国語の4言語で、その他の言語はテキスト入力・翻訳結果のテキスト表示だけに対応する。

アプリは、LTEサービス「4G LTE」や3Gに加え、Wi-Fi通信にも対応。対応機種は、Android 2.3以上を搭載したauスマートフォン(IS05、ISW11HTを除く)。料金は無料で、基本機能に加えてアシスタントキャラクターの着せ替えや、音声認識を活用したライフログの保存などができる月額105円の有料コースも用意する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます