日本HP、Android OS搭載端末3モデル、7インチタブレットとハイブリッドPC、21.5型デスクトップPC

2013.7.29 21:2配信
Android搭載の7インチタブレット

日本ヒューレット・パッカードは、7月29日、Android OSを搭載するデバイスとして7インチタブレット、キーボードの装着ができるハイブリッドPC、21.5型デスクトップPCの3モデルを8月6日から順次発売すると発表した。

発表会の冒頭、岡隆史副社長執行役員は「スマートフォン、タブレットの市場は今後も大きく成長していく。なかでもAndroid OSを搭載したモデルが伸びるだろう。いまはスマートフォン、タブレットともシンプルな低価格モデルが求められているが、今後はユーザーニーズに合わせてサイズなどが多様化していく。今回、タイプの違う3モデルを用意した」と新製品開発の経緯を説明した。

●音にこだわった7インチタブレット Beats Audio対応の「HP Slate7」

7インチタブレットとして、音にこだわった「HP Slate7」を発売する。直販モデルと量販店モデルのそれぞれに、シルバーとレッドの2色を用意。直販モデルはストレージが8GBで、発売日は8月6日。価格は1万3860円から。量販店モデルはストレージが16GBで、発売は8月下旬。実勢価格は2万円前後の見込み。

BCNが2013年6月に実施した調査によると、タブレット端末の使用用途で最も多いのは「動画閲覧」で、「音楽」「ゲーム」の回答も多かった。こうしたエンタテインメント用途に向けて、「HP Slate7」は音楽や動画の再生、ゲームなどで高品質なサウンドを楽しめるよう、高音質サウンド機能「Beats Audio」を搭載する。

最大32GBまで使用できるmicroSDカードスロットのほか、前面と背面の両面にカメラを搭載する。背面にソフトタッチ処理を施し、持ちやすくした。

●一台でタブレットとノートPCの二役を実現するハイブリッドモデル

「HP SlateBook10 x2」はキーボードの脱着ができ、タブレットとノートPCの両方の使い方ができるハイブリッドモデル。発売は9月上旬で、価格は5万円前後の見込み。

パーソナルシステムズ事業本部 コンシューマービジネス本部 製品部の室裕朗部長は「タブレットの周辺アイテムとして保護フィルム、タッチペンに次いで人気なのがキーボード」とAndroid搭載タブレットでキーボードを使いたい人は多いと説明した。

「HP SlateBook10 x2」は、1920×1200ドットの高解像10.1インチIPS液晶を搭載。タブレット単体として重さ約600g、バッテリ駆動時間は約8時間45分のすぐれたモビリティ性能をもち、NVIDIA Tegra 4による快適なパフォーマンスを実現した。キーボードドックを接続すると、バッテリ駆動時間が約6時間延び、約14時間45分駆動する。

キーボードは浮き石型で、ジェスチャー対応タッチパッドを備えることで長文入力を快適にした。オフィス互換ソフトとして「KINGSOFT Office for Android」をプリインストールし、資料の閲覧、編集ができる。カラーはスモークシルバーとスノーホワイトの2色。

●家族向けに 21.5インチディスプレイ搭載のオールインワンPC

ホームユース向けの「HP Slate21」は、1920×1080ドットのフルHD対応21.5インチディスプレイを搭載したデスクトップPC。発売は9月上旬で、価格は4万円前後の見込み。

広視野角で高画質なIPSパネルと、すぐれたグラフィックス性能をもつNVIDIA Tegra 4を搭載し、使い慣れたスマートフォンやタブレットと同じ操作性で、大画面ウェブブラウズやゲームなどが楽しめる。

ディスプレイの傾斜角度調整が片手でスムーズにできる「HPスマートスタンド」を採用。可動範囲が15~70°と広いので、テーブル上にほぼ寝かせた状態でのタッチ操作など、さまざまな使い方ができる。KINGSOFT Office for Androidをプリインストールし、キーボードとマウスが付属する。

3モデルともGoogle play ストアに対応し、スマートフォンと同じようにアプリをインストールすることができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング