CGと“手作り”で生まれる魔法世界。『オズ はじまりの戦い』映像が公開

2013.7.31 17:39配信
『オズ はじまりの戦い』(C) 2012 Disney

8月2日(金)にブルーレイ&DVDが発売されるファンタジー大作『オズ はじまりの戦い』の特別動画が公開された。デジタル映像技術全盛の昨今にあって、映画人たちの“手作り”に対する想いと、アーティストの繊細な表現に対するこだわりが垣間見える貴重な映像だ。

『オズ はじまりの戦い』動画

本作は、作家ライマン・フランク・ボームが生み出した偉大な魔法使いオズの“知られざる過去”を描いた作品。冴えない奇術師のオズ(ジェームズ・フランコ)が竜巻に飛ばされて魔法の国に迷い込み、同じ名前を持つ伝説の魔法使いと間違われてしまったことから壮大な戦いに巻き込まれていく様を描いている。

本作には主人公オズと共に冒険に出かける猿のフィンリーや陶器の少女など、様々なキャラクターが登場し、見たこともない光景や恐ろしい獣たちが描かれるが映像製作にあたっては極力、“手作り”にこだわったという。現在、VFXの世界では“モーションキャプチャー”と呼ばれる技術が多用されており、俳優の動きがそのままCGキャラクターの動きになってスクリーンに映しだされる。

しかし、本作を手がけたサム・ライミ監督は「人間が手を動かして映像を作り、昔からある撮影手法を使って観客を魅了することは、この映画を作る上でとても意識したことですし、強いこだわりがあります」と語る。このほど公開された映像では、劇中に登場する陶器の少女の誕生シーンが登場する。スタッフはまず、子役のジョーイ・キングの演技をカメラで記録し、マリオネット・アーティスト”のフィリップ・ヒューバーに実際にマリオネットで動かして演技してもらったものも記録し、その両方を参考にCGアーティストが手作業で陶器の少女を描き出した。それは翼の生えた猿のフィンリーも同様で、俳優のザック・ブラフは声を演じただけでなく、彼が実際に演じた表情や動きがCGキャラクター製作に活かされている。

発売されるブルーレイには本編以外にも各種ボーナス・コンテンツが収録されており、ライミ監督や主演のフランコらが作品についてじっくりと語る模様が収められている。

『オズ はじまりの戦い』
8月2日(金)発売
ブルーレイ(デジタルコピー付き) 3990円(税込)
ブルーレイ+DVDセット 3990円(税込)
3Dスーパー・セット(デジタルコピー付き) 6090円(税込)
DVD(デジタルコピー付き) 3990円(税込)
ブルーレイ、DVD同日レンタル開始、オンデマンド同日配信
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

いま人気の動画

     

人気記事ランキング