ももクロ史上最大規模、日産スタジアムライブを大成功におさめる

2013.8.5 16:00配信
ももいろクローバーZ ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZが8月4日、神奈川・日産スタジアムでワンマンライブ「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4 日産スタジアム大会」を開催し、会場には約6万人のファンが、日本全国55か所で同時生中継されたライブビューイングには約2万5千人のファンが集結した。

ももクロにとって過去最大規模の会場となった日産スタジアム。 まず、最初に登場したのは第40回日本マーチングバンド協会主催 マーチングバンド全国大会にて文部科学大臣賞・グランプリに輝いた、神奈川県立湘南台高等学校吹奏楽部によるマーチングバンド。高校生とは思えない圧巻のパフォーマンスと共にステージ上の巨大バルーンが破裂し、巨大なメンバーの顔型オブジェがあらわとなった。後方からはロケットマンが空中へと飛び立ち、会場からは大歓声が沸き起こる。そして、会場にライブの定番イントロである『overture ~ももいろクローバーZ参上!!~』が響きわたり、この日一番の大声援とともにももいろクローバーZが登場。聖火リレーを行うなど、スポーツとももクロらしさが融合した演出で観客を煽った。メンバーが聖火台へ到着すると、ゲストとして『サラバ、愛しき悲しみたちよ』を作曲・編曲した世界的ギタリスト・布袋寅泰が登場し、国歌『君が代』を演奏。布袋寅泰は続けて、『PUSH』『サラバ、愛しき悲しみたちよ』を演奏し、会場を大いに盛り上げた。

中盤では、ニコファーレで行われていた「セーラームーン20周年記念イベント ミュージカル製作発表会」との二元中継がなされ、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の主題歌『ムーンライト伝説』を新たにリアレンジカバーすることを発表、同曲を披露した。またこの日披露された『ももいろ太鼓どどんが節』は、ロックバンドの怒髪天が作詞、作曲、編曲そして演奏を担当した新曲。本楽曲はゲーム「太鼓の達人」CM曲に決定しており、同ゲームのキャラクター「どんちゃん」も駆けつけ、ライブを盛り上げた。

ライブ途中には、猫ひろしによるマラソンチャレンジ企画や、武井荘と百田夏菜子によるハンディキャップ短距離走など、ももクロらしい企画も随所に盛り込まれ、恒例となった松崎しげるによるサプライズ発表では、12月23日(月)に西武ドームにて「ももいろクリスマス2013~ようこそ極寒の世界へ」を開催することを発表。会場は大歓声に包まれた。

そして4時間を超えたライブの最後は『黒い週末』をこの日の出演者全員で披露。こうして、ももクロ、そしてファンの夏に新たな記憶が刻まれた公演は終了した。

また、この日の公演は4月に行われた西武ドーム公演に引き続き、音楽プロデューサーとして活躍する武部聡志率いる「ダウンタウンももクロバンド」が全29曲中17曲を演奏し、パフォーマンスだけではなく、楽曲面でも楽しめるライブであった。今後の彼女たちの活動詳細は公式サイトなどでご確認を。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング