男性が、好きな女性にチョコレートを渡して告白する「逆チョコ」。欧米では一般的なこのイベントは、いま日本でも浸透しつつあるといいます。

そこで今回は、アラサー女性を対象にバレンタインデーに関するアンケートを実施! 二度と忘れられない「逆チョコ」の思い出をピックアップしてみました。

1:男友達からの思わぬプレゼント!

「とにかく気の合うカレとは、何をするのも一緒。大学の授業も常に隣の席で受けていたから、周りから『付き合っちゃえば?』と冷やかされていた。

私は今の友達以上恋人未満の関係が心地よかったんだけど、カレは物足りなかったんだろうね。

バレンタインデーの日にゴディバのチョコレートを持って『僕の彼女になってください』と逆チョコ告白された。誰もいない夕暮れのキャンパスで……」(26歳/IT)

思わず胸キュンしちゃう逆チョコエピソード。夕日の沈む教室で……なんて、まるでテレビドラマや映画のヒロインになった気分で最高にテンションが上がりますよね。

ちなみにこのカップル、交際3年のバレンタインデーに入籍する予定だといいます。思わぬ逆チョコ告白から幸せな結婚を手に入れるなんて、羨ましい限りですね。

2:ケーキの中から出てきたのは……

「有名ホテルのパティシエとして働くカレがプレゼントしてくれたのは、私だけのために作ってくれたバレンタインケーキ。もう感激して涙が出そうだったんだけど、ケーキを食べているとフォークにコツンと当たる固いものが……! なんと私が欲しがっていた指輪が入っていた。

『結婚を前提にお付き合いしてください』そんな男らしい告白と、何度も感動させられたサプライズ演出に心打たれた」(33歳/販売)

手作りスイーツでの逆告白は賛否両論ですが、パティシエの作るケーキはやっぱり特別! 自分だけのためにデザインしてくれたと思うだけで、嬉しさが込み上げてきますよね。

さらに今回のケースのように、逆チョコ+サプライズが用意されていたら、「付き合ってもいいかも……」と心が揺らぐ女性が多いのでは? 

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます