断っても断ってもしつこくしてくる男っていますよね? それと同じで、振られても振られてもしつこい女もいます。

マメな女は好かれるのに、しつこい女は嫌われる。

男女共に共通することなのですが、その違いってなんなのでしょうか? 違いを比較してみました。

「しつこい」と「マメ」の違いって?

しつこい女は相手が嫌がっているのにも関わらず、何度も同じようなことをするものです。積極的にアプローチすれば、いつかは応えてくれると思い込んでいるのが原因かもしれません。

現代は草食系男子が多いと言われているので、恥ずかしがってるだけなんて勘違いをしている女も多いもの。

きちんと相手が嫌がっているか、本当に都合が悪いのかを見極める目が必要になってきます。

反対にマメな女は相手のタイミングを計るのも上手なもの。気持ちはしつこい女と同じくらい相手のことを想っていても、自分の気持ちを押し付けたりはしません。

きちんと相手の出方を見る余裕があるのでしょう。具体的な例を挙げていきましょう。

【メール編】しつこい女の送り方

しつこい女は相手が仕事中だろうと就寝中だろうとメールを送り付けます。相手の都合は二の次で、自分の気持ちが最優先だからです。

相手から返事がないものなら、返事があるまで何度も送ることだってあるくらいです。

内容も独りよがりなものが多くなります。

「今日は友達とランチをしたよ」

「こんな靴を買ったよ」

「次の休みはいつ?」

など、まるで彼女気取り。

どうでもいいよ、という相手の愚痴が聞こえてきそうです。

相手からメールの返事がないのは気のない証拠。あまりしつこくするとストーカー扱いされてしまうので要注意です。

【メール編】マメな女の送り方

マメな女は相手のタイミングの良い時を図るのが得意なものです。ランチの時、仕事が終わった時、家でゆっくりしている時など相手が自分のことを考える余裕がある時を狙います。

疲れている時にねぎらいの言葉が届いたり、素敵な景色を見たと伝えたり、相手のことを思いやる気持ちに溢れています。

一日のメールの本数は多くても1通まで。相手からすぐに返信があれば何通かのやり取りをします。

すぐに返信があるということは、その時に手が空いているということ。内容も会話が弾むやり取りであることを感じ取りながら行うことができるのが、マメな女なのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます