KREVAら豪華メンバーによるプロジェクトが、東日本大震災チャリティソングをリリース

2011.12.14 13:15配信
MAJOR MUSIC MAJOR MUSIC

KREVA、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、シェネル、三浦大知、RHYMESTER(Mummy-D・宇多丸)、SEEDA、leccaら豪華メンバーが、MAJOR MUSIC名義による東日本大震災へ向けたチャリティソング『HOPE』を12月14日(水)にリリース。

MAJOR MUSICの情報を見る

東日本大震災の発生の映像を目の当たりにしたニューヨークで活動している音楽プロデューサー・HirOshimaは、ひとつのトラックを持って日本へ。ボランティア活動をしながら、仲間であるSEEDAに声をかけ、SEEDAとHirOshimaからKREVAへ。HirOshimaの熱い想いと願いに共感したSEEDAとKREVAが、仲間たちに声をかけ『HOPE』が制作された。

KREVAは、全国ツアー初日の日本武道館公演のステージ上でも「3月に震災があって、忘れるわけないんだけれど、敢えて年末にもう1回。歌詞にも書いたけど細く長くじゃなくて 太く長くいかなきゃいけないとオレは思ってます。またしっかり津波震災のことを考えるきっかけになればと。凄いメンバーで凄いいい曲だから聴いてほしい、買ってほしい」と語り、公演後に『HOPE』の未公開映像を流した。

KREVAのクリエイティブチームでもあるエンジニアのGM-KAZや、クリス・ゲーリンガーらもこのHOPEプロジェクトチームに共感し、参加を希望するなど音源制作にかかわるすべてのことが無償で行われた。

【KREVA、SEEDA、HirOshimaのコメント】

「俺も金を作ることがすごく大事だと思います。ただ、もしこの曲を買わなくても、この曲を聴いて自分も何かしようと行動を起こすひとつのきっかけになるのなら、それでもいいと俺は思ってます。そのどちらかを生む曲になればうれしいです」(SEEDA)

「この曲に込められているひとりひとりのメッセージを聴いてほしい。そして、それを受け止めて、どんなことでもいいから被災地のために行動を起こしてほしい。そう願っています」(HirOshima)

■MAJOR MUSIC/『HOPE』
12月14日(水)発売 1260円
■参加アーティスト
KREVA/後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/Mummy-D(RHYMESTER)/宇多丸(RHYMESTER)/三浦大知/SEEDA/EMI MARIA/KOJOE/lecca/TENZAN/MAJOR MUSIC/Che'Nelle(US)/Karibel(US)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング