ニコンのコンパクトデジカメ「COOLPIX S6600」、可動式液晶モニタでアングル自由自在

2013.8.7 16:25配信
自分撮りに便利なバリアングル液晶モニタ

ニコンは、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S」シリーズで初めてバリアングル液晶モニタを搭載した「COOLPIX S6600」を、8月29日に発売する。価格はオープンで、直販サイト「ニコンダイレクト」での価格は2万9800円。

横開き方式の2.7型バリアングル液晶モニタで、多彩な角度からの撮影が楽しめる。液晶モニタを自分に向けた状態で、画面の四隅のアイコンに向かって手を動かして静止画/動画撮影、ズーム操作ができる「ジェスチャー操作」は、自分撮りや友人とのツーショットなどに便利だ。

コンパクトでスリムなボディに、35mmフィルム換算で25~300mm相当の光学12倍ズームのNIKKORレンズを搭載。レンズシフト方式の手ブレ補正機構を備える。レンズ前約2cmまでのマクロ撮影にも対応する。

有効画素数1602万画素の裏面照射型CMOSセンサは、夜景や室内などの光量が少ない場所での高感度撮影でも高精細な画像を実現する。

Wi-Fi機能を内蔵し、撮影した画像をスマートフォンやタブレット端末に転送し、無料アプリ「Wireless Mobile Utility」を介して、簡単にSNSや友人と共有することができる。

このほか、オートフォーカスでピントを合わせる部分をカメラが予測して自動設定する「ターゲットファインドAF」、人間だけでなくイヌやネコに対しても有効な赤目補正機能、8種類の「メイクアップ効果」などの機能を搭載する。

サイズは幅約96.9×高さ57.1×奥行き27.2mm(突起部除く)で、バッテリ・SDカードを含む重さは約165g。カラーは、ナチュラルホワイト、スマートブラック、ラズベリーレッド、シルキーピンクの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング