カシオのコンパクトデジタルカメラ「EX-ZR800」、シャッタースピード5段ぶんの強力5軸手ブレ補正機構を搭載

2013.8.7 17:13配信
EX-ZR800

カシオ計算機は、コンパクトデジタルカメラ「ハイスピードエクシリム」シリーズの新モデルとして5軸の手ブレ補正機構を備えた光学18倍ズームモデル「EX-ZR800」を8月23日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

コンパクトなボディに、25~450mm(35mmフィルム換算)相当の光学18倍ズームレンズを搭載。カメラを構えたときに起きる上下左右など5方向の手ブレを高度に補正する「HS手ブレ補正モード」を備える。また、光学手ブレ補正と高速連写合成を組み合わせて、シャッタースピード5段分の強力な手ブレ補正効果を実現した。これによって、イルミネーションなどの夜景撮影や、運動会などのズームアップ撮影などを、手ブレを抑えてくっきりきれいに撮影できる。

新たに、長時間の変化を短時間に圧縮する撮影機能「タイムラプス」を搭載。ゆっくりした雲の流れや、車や人々が行き交う街の様子などを早送り動画のように楽しむことができる。このほか、アートショットにクロスフィルターのような効果を加えるエフェクト「トゥインクルショット」を追加した。

有効画素数は1610万画素。サイズは幅107.4×高さ60.0×奥行き30.7mm、電池、メモリカードを含む重さは約222g。カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング