NECプラットフォームズは2月8日、小型の家庭用無線LANルータ「Aterm WG1200CR(PA-WG1200CR)」を発売した。IEEE802.11ac規格に対応し、最大867Mbpsの通信が可能。また、親機としてだけではなく、子機・中継機としても使える。価格はオープンで、税別の実勢価格は5000円前後。

約40.5×116.5×110mmのコンパクトなボディで、ギガビット(1Gbps)対応の有線LANポートを1基搭載する。無線LANの通信速度は5GHz帯が最大867Mbps、2.4GHz帯が最大300Mbps。

従来の小型モデル「Aterm WF1200CR」は有線LANポートの通信速度が最大100Mbpsだったが、100Mbps以上の速度が出る光回線を契約している世帯が多いことから、今回、新たに1Gbps対応の製品を追加した。無線LANでスマートフォンやノートPC、有線LANでネット対応テレビを接続する1~2人世帯を主なユーザーとして想定している。

無線LANルータの性能がボトルネックとなり、通信速度に不満をもっているユーザーの買い換え需要に応えるため、現在使用しているルータから簡単に設定を引き継げる「Wi-Fi設定引越し」機能を盛り込んだ。ネットワーク名や暗号化キーを継承できるので、スマートフォンなどの端末側でWi-Fi設定をやり直す手間が省ける。なお、Wi-Fi設定引越しの利用には現在使用しているルータがWPS機能に対応していることが必要。

端末の方向に電波を集中させる「ビームフォーミング」にも対応しており、対応するスマートフォンではより快適な通信が可能。また、中継機として動作する「Wi-Fiデュアルバンド中継」機能を搭載しているため、親機の無線LANルータから離れた場所の通信品質を改善する目的でも活用できる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます