記者発表会に出席した高橋一生

 「ルーヴル美術館展 肖像芸術――人は人をどう表現してきたか」のオフィシャルサポーターに就任した俳優の高橋一生が、8日、都内で行われた記者発表会に出席した。

 本展は、ルーヴル美術館の豊かなコレクションを通じて、肖像芸術の社会的な役割や、表現上の様々な特質を浮き彫りにするもの。“美の殿堂”ルーヴル美術館、全8部門による全面協力のもと、約110点の傑作が一堂に会する。

 高橋は「日仏友好160周年という節目の年にオフィシャルサポーターを務めさせていただくことを、とてもうれしく思います」と喜びのコメント。本展が「顔」にフォーカスを当てたものであることについて、「僕は普段からお芝居をやっているので、顔の表現というのにとても興味がある。先人たちの美術を見させていただくことで、勉強になればと楽しみにしています」と声を弾ませた。

 今回、「音声ガイド」のナビゲーターにも挑戦する高橋は、「僕、親しい友人や事務所の人に、『この声は眠くなる』と言われておりまして…」と苦笑い。「皆さんがしっかりと美術に没頭できるよう、ハキハキと、少しでも助けになるようなガイドができればと思います。(皆さんが)どうか眠くならないように!」と意気込み、笑いを誘った。

 高橋は、気になる作品としてフランツ・クサファー・メッサーシュミットの「性格表現の頭像」を挙げた。ぎゅっと目をつぶり、口をへの字に曲げた、耐え忍ぶような表情をした男性の頭像で、「(作者は)宮廷のお抱えの方で何体も頭像を作られた方。写実的な表現なのかと思いきや、このように突拍子もないゆがんだ顔をしたものもある。どのような思いでこのような像を作られたのか、ということにとても興味があります」と語った。

 来月にはオフィシャルサポーターとして渡仏することが決定しており、「自分がどのように心が高揚するのか楽しみです」と笑顔を見せていた。

 本展は5月30日から9月3日まで都内の国立新美術館、9月22日から2019年1月14日まで大阪市立美術館で開催。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます