録画番組持ち出しBOX「SDP-SQ30H」

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、スマートフォンと組み合わせて使うSeeQVault対応ポータブルSSD「SDP-SQ30H」を2月末に発売する。税別価格は2万7700円。

新製品は、SeeQVault対応レコーダーで録画した番組をダビングして持ち運ぶことができる録画番組持ち出しBOX。約30時間分の録画番組を保存でき、ドラマであれば、1クール(10話)3タイトルの番組を持ち運べる。

ピクセラの「SeeQVault プレーヤー」をインストールしたAndroidスマホを接続すると、スマホ上で録画番組を鑑賞でき、スマホ本体の空き容量や通信費を気にせず楽しめる。なお、「SeeQVault プレーヤー」は2020年6月末まで無償配布予定。

レコーダー接続用に1本、スマホ接続用に従来のUSB Micro BとType-Cの計2本のケーブルが付属する。サイズは幅約134×奥行き78×高さ26mm、重さは約300g。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます