カシオのG-SHOCK「GB-6900B/X6900B」、スマートフォンの音楽プレーヤーをリモート操作

2013.8.8 21:27配信
GB-6900B(左)、GB-X6900B

カシオは、スマートフォンと双方向での操作に対応するリストウォッチ「G-SHOCK GB-6900B/X6900B」を、9月21日に発売する。価格は「GB-6900B」が1万8000円、「GB-X6900B」が2万円。

省電力で近距離通信ができる「G-SHOCK」。スマートフォンの音楽プレーヤーのコントロールや、スマートフォンで時計の各種設定ができる。接続には、App Store、Google Playで発売と同時に配信する無料アプリ「G-SHOCK+」をダウンロードしておく必要がある。

2012年に発売した「GB-5600AA/6900AA」は、スマートフォンと連携する第一世代エンジンを搭載し、電話着信/メール受信/SNSの新着情報通知機能や、時計からスマートフォンの音を作動させる探索機能、スマートフォンの時刻情報を自動受信し修正する機能などを備えていた。新製品は、従来機能を継承しながら双方向の通信機能を強化した。

音楽プレーヤーコントロールと時計機能設定に対応するスマートフォンは、iOS6.0~6.1搭載のiPhone 5/4S、Android 4.2.2搭載のGALAXY S4 SC-04E。

そのほかの機能に対応するスマートフォンは、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのMEDIASシリーズ、AQUOS PHONEシリーズなど。最新の対応機種については、公式サイト(http://g-shock.jp/ble/)で確認できる。

「GB-6900B」のカラーはブラック、ブラック×ブルー、ホワイト。「GB-X6900B」は、ブラック、ブルー、オレンジの。電池寿命は1日に12時間モバイルリンク機能を使用した場合、約2年間。時計を腕から外して一定時間放置するとモバイルリンク機能は自動でオフになり、再び装着すると自動で接続する省電力設計だ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング