鬼才監督の映像美が炸裂! サスペンス映画『パッション』予告編が解禁

2013.8.9 12:47配信
『パッション』 (C)2012 SBS PRODUCTIONS - INTEGRAL FILM - FRANCE 2 CINEMA

鬼才ブライアン・デ・パルマ監督が『ミッドナイト・イン・パリ』のレイチェル・マクアダムスと『プロメテウス』のノオミ・ラパスを主演に迎えたサスペンス映画『パッション』の予告編映像がこのほど公開になった。

予告編映像

本作の舞台はある広告会社。強い上昇志向をもち、広告会社の重役へとのぼりつめたクリスティーン(マクアダムス)は、アシスタントの女性イザベル(ラパス)を信頼し、新しいスマートフォンの広告プランを彼女にまかせる。しかし、それは表向きの顔で、イザベルのつくったCM映像が重役から高い評価を集めるとクリスティーンはそれを“自分のプラン”だと公言。さらに彼女は“操り人形”として自分の思うままに動かすイザベルに数々の屈辱を味わわせる。映画は、嫉妬が渦巻く世界で女たちが熾烈な戦いを繰り広げる様と、そこで起こったひとつの殺人事件を描く。

このほど公開された予告編は前半に物語の設定を丁寧に説明され、クリスティーンとイザベルの対立が鮮明になる後半ではデ・パルマ監督が得意とするショッキングな描写が登場する。極端なクローズアップや、ブラインドから差し込む光のような帯状のライトが壁に映し出される不気味なショット、スプリットスクリーン(分割画面)などサスペンスを盛り上げる映像テクニックも次々と登場。人気女優が対立するスリリングなドラマと“映画的”であることを追求した画づくりは、多くの映画ファン、デ・パルマ監督ファンの注目を集めそうだ。

『パッション』
10月、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング