光浦靖子、鈴木拓、おおかわらが『あの花』を語る

2013.8.13 15:3配信
(写真左より)鈴木拓、光浦靖子、おおかわら

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が31日(土)より全国公開されるのを記念して、本作の熱烈なファンであることを公言している光浦靖子(オアシズ)、鈴木拓(ドランクドラゴン)、おおかわら(鬼ヶ島)の3人が12日、都内で行われたトークイベントに登壇。イベント後にインタビューに応じ、映画の魅力を熱く語った。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』インタビュー動画

本作は、子供時代の事故をきっかけに、心を閉ざしてしまった仲良し6人組のひと夏の奇跡を描いた、2011年放映のオリジナルアニメーション。劇場版は、テレビシリーズのスタッフ・キャストが再集結し、幼なじみ6人、仁太(じんたん)、芽衣子(めんま)、鳴子(あなる)、集(ゆきあつ)、知利子(つるこ)、鉄道(ぽっぽ)の葛藤と再生を、テレビ版の映像と新作映像を再構築して描いている。

お笑い芸人と人気アニメ。「なぜこの3人が?」と思う人選だがインタビュー動画で3人は、「もしも『あの花』の登場人物になるとしたら?」という質問や、自分に近いと思う登場人物、好きなシーンについて熱くコメント。ポイントは光浦、鈴木、おおかわらがひとつの質問に対して三者三様の回答をしていること。個性的なキャラクターが揃い、多角的に描きこまれた『あの花』らしく、観る人によって気になるポイントや感情移入する場面が異っており、映画を観る前だけでなく鑑賞後に観ても楽しめる動画になっている。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
8月31日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング